高反発マットレスが注目されてる理由

高反発マットレスとは、独自の材質や構造によって一定の弾力性を持たせた寝具のことです。

一言で表現すると、低反発マットレスは柔らかめの寝具ですが、高反発マットレスは硬めの寝具ということになります。

高反発マットレスは低反発マットレスとは違い、横になった時に柔らかく包み込まれるような心地よさを感じることはありません。

商品によって変わってきますが、感触としては絨毯に近いです。高反発マットレスは体にフィットしないため、腰に悪いのではないかと考える方も少なくありません。

しかし、体にフィットしないということはすなわち、体圧が分散されるということです。

高反発マットレスは横になっても沈み込まずに押し返してくれるので、首、肩、腰など、デリケートな部位に体圧が集中するのを防止することができます。

寝姿勢は立った時と同じく、背骨がS字のラインを描くのが理想です。

高反発マットレスは理想的な寝姿勢を自然と保つことができるようになるため、腰痛の予防や改善に効果的とされているのです。

日本は高温多湿であり、カビやダニが繁殖しやすい環境です。

そのため、寝具は保温性が重要ですが、同時にある程度の通気性も要求されます。

通気性の悪い寝具はカビやダニの温床になりやすく、こうしたアレルゲンが切っ掛けとなって腰痛が生じることもあるのです。

この点、しっかりと体にフィットしない高反発マットレスは自然と隙間が発生するため、通気性は十分に確保されます。

また、高反発マットレスには吸湿性に優れた素材を使って作られているものも多く、こうした高反発マットレスならば夏場も快適に過ごすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする