低反発マットレスの良いとこ悪いとこ

高反発マットレスと対をなす商品として、低反発マットレスがよく話題に挙げられます。

高反発マットレスは硬めの寝具のことですが、低反発マットレスは柔らかめの寝具のことです。

低反発マットレスは横になると柔らかく包み込まれるような心地よさを感じることができるので、それで腰痛の痛みが和らいだと感じる方も少なくないことでしょう。

しかし、低反発マットレスで腰痛の痛みが和らぐのはあくまで一時的なものであり、長い目で見ると腰痛が悪化してしまう可能性があることを理解しておかなければなりません。

というのも、低反発マットレスは柔らかい材質を使用しているため、横になると体が沈み込むような状態になります。

そして、人間が横になった時の体圧というものはそれぞれの部位で一律というわけではなく、体圧が小さい部位もあれば、体圧が大きい部位もあります。

特に、重心が位置する腰はもっとも体圧が重い部位であり、低反発マットレスに横になると腰が深く沈み込み、『くの字』を描くような寝姿勢になります。

こうなると腰に負担がかかるので、腰痛が悪化することがあるのです。

また、弾力性のない低反発マットレスはしばらく使っていると体圧が大きい箇所が凹むことがあり、そうなると更に腰への負担が大きくなることになります。

人間は1日の約3分の1を睡眠に費やしています。

睡眠中は無意識に体を動かして体圧を分散させ、楽な寝姿勢を取ろうとします。

しかし、低反発マットレスは横になると体が沈み込むので、上手く寝返りを打つことができません。これもまた腰痛が悪化する原因となります。